黒壁グルメガーデン | 滋賀県長浜市グルメ観光情報サイト

長浜市の観光名所黒壁のグルメ情報をお届けします。

*

長浜の郷土料理「焼鯖そうめん」を黒壁で食べるなら翼果楼(よかろう)

   

yokarou6

ご飯によく合う郷土料理としてテレビでも紹介された、滋賀県長浜市の郷土料理「焼鯖そうめん」は黒壁でも食べる事ができます。鯖そうめんを食べられる店として「翼果楼」というお店があります。

焼鯖そうめんは滋賀県湖北地区では家庭でも作られる料理でお馴染みのものです。しかし地元民でもお店で焼鯖そうめんを食べる機会はなかったので楽しみです。

翼果楼へのアクセス

黒壁スクエアの中心部にあり、黒壁ガラス館から少し南に行った場所にあります。JR 長浜駅からも徒歩3分でアクセスも良いです。築200年の純和風建築の建物で風情があります。

駐車場について

自動車で行く場合は、近くのコインパーキングへ停める事になります。

黒壁の駐車場としてのコインパーキングはたくさんあります。しかし、長期休暇期間などは行楽時期などは満車になりがちです。少々遠いですが長浜駅のコインパーキングに停めて少々歩いても空きを待つよりは早いと思います。

店内の雰囲気について

yokarou3

築200年の古い建物ですが、古さはあまり感じない料亭のような風情のある落ち着く空間です。1階と2階席があり、両方共座敷です。その為入り口で靴を脱ぎます。靴の履き間違いが心配な場合は靴袋が用意されているので席まで持って行きましょう。

yokarou4

こちらは2階の座敷です。

yokarou2

内装もお洒落で和モダンな雰囲気を醸します。

翼果楼のメニュー

yokarou5

翼果楼は長浜郷土料理のお店。長浜名物焼鯖そうめんの他、焼き鯖寿司、焼鯖御膳などがあります。

焼鯖そうめん

焼鯖そうめん(900円)を注文しました。ご飯やお吸い物が付くと御膳になって料金が上がります。

醤油とだしで煮込んだそうめんと焼鯖の大きな切り身が印象的です。

一般的に食べるそうめんとは違って、だしがしっかりと染みこんだそうめんは薄味で上品な味わい、やや山椒が効いてアクセントになっています。

鯖といったら硬い骨と小骨がたくさんある印象がありますが、しっかりと煮こまれたこの焼き鯖は骨まで柔らかくて食べる事ができて残るものがありません。小骨が口につっかえたり苦労する事もなく美味しくいただけます。柔らかい焼鯖とそうめんの相性は抜群です。ご飯に合う郷土料理として取り上げられるのも納得な逸品です。

観光に来た知人はこれがおかずである事に驚いていました。麺なのでラーメンのように単品のものだと勘違いしたみたいです。

おわりに

焼鯖そうめんは滋賀県湖北地区特有のものです。黒壁に観光に来たなら是非食べて頂きたいものの一つです。営業時間は10時半から17時ですが、売り切れ次第閉店してしまいます。黒壁観光のランチにおすすめです。

お店情報

翼果楼
住所:滋賀県長浜市元浜町7-8
営業時間:10:30〜17:00(売り切れ次第終了)
定休日:月曜
公式サイト:長浜の味 郷土料理、鯖そうめんのおいしいお店 翼果楼(よかろう)
食べログ:翼果楼 – 長浜/郷土料理(その他) [食べログ]

 - 和食